〒518-0622 三重県名張市桔梗が丘2-1-1

0595-65-5158

HOME医院紹介交通案内お問い合わせ

名張市 伊賀市 審美歯科 インプラント 小児歯科 矯正歯科 桔梗が丘大門歯科医院

歯周病治療

Contents

  • 小児歯科
  • インプラント
  • 審美歯科
  • 予防歯科
  • 歯周病
  • 矯正歯科
  • スタッフ紹介
mobilesite
院長ブログ

最新の歯科治療の内容や家族の事、医院の事を綴っています。
是非ご覧下さい。

トップページ»  歯周病治療

歯周病とは

歯周病とは、歯の根元などに付いたプラーク(歯垢)や歯石に潜む歯周病菌が毒素を出し、歯肉に炎症を起こし、徐々に歯を支える骨を溶かしていく病気で、かつては歯槽膿漏とも言われていました。
歯周病は初期の段階では痛みなどの自覚症状があまりないことから“沈黙の病気”とも呼ばれ“歯肉から出血がある”“歯がぐらぐらする”などの症状に気づいたときには重症化していることがよくあります。日本人では35歳以上の人の80%以上がかかっているといわれ、歯を失う原因の第1位となっています。

歯周病とは

pagetop

本当は怖い“歯周病”という病気

あまり知られていませんが、歯周病が進行して細菌が増殖すると、歯肉の血管から細菌が侵入して全身に様々な悪影響を及ぼします。歯周病に関連する疾患として次のものがあります。

本当は怖い“歯周病”という病気

糖尿病との関連

重度の歯周病の場合、軽度の人にくらべ、2年後に糖尿病が悪化している率が5倍高くなります。

心臓病との関連

歯周病菌の作り出す物質が血液中に流れ、冠状動脈の壁を肥厚させ、血管がつまり動脈硬化を起こすのではないかと考えられており、心筋梗塞や狭心症を引き起こす原因となります。
ノースカロライナ大学の調査によれば、心臓疾患にかかって致命的な心臓発作を引き起こす確率は、歯周病患者さんのほうが歯茎が健康な人に比べて約3倍も高いことがわかっています。

早産・低体重児出産との関連

歯周病の母親では早産が多く、低体重児出産の確率が健常者の7倍といった衝撃的な数字がアメリカで報告されています。

他にも“肺炎”脳卒中“などの関連が指摘されています。

歯周病の早期発見・早期治療は歯やお口の健康を維持するだけでなく、全身への様々な悪影響の予防につながるのです。

当院では歯科医師、歯科衛生士がチームとなってしっかりと検査・治療をさせていただきます。
そして治療後は定期健診を通して皆様のお口の健康を守っていきたいと考えています。

pagetop

歯周病の原因

歯周病の原因として考えられるものはいくつかありますが、直接的な原因としてはプラークが考えられます。プラークの中には約300~400種類の細菌が存在し、そのうちの数種類が歯周病の原因菌となります。歯磨きが不十分で磨き残しがあると、歯周病菌も残ったままになり歯周病になってしまいます。
当院では位相差顕微鏡や各種試薬で歯周病菌検査を行っております。


歯周病の原因
歯周病の原因


その他、歯周病を悪化させる間接的な原因としては以下のものがあげられます。

糖尿病、高血圧、ホルモン以上などの全身疾患
歯ぎしりや食いしばり
喫煙
ストレスや不規則な生活
多量の飲酒、不規則な食生活
不適合な修復物、噛み合わせの不良
薬剤の副作用

pagetop

歯周病の進行

歯周病の進行

pagetop

歯周病治療の流れ

当院では歯周病の治療を下図のような流れで行っており、歯科医師・歯科衛生士がチームとなって、患者様の歯を出来るだけ長く守ることを目指して治療に取り組んでおります。

応急処置
歯ぐきの痛み、腫れなどの急性症状に対処します。 次へ
精密検査
いったん痛みや腫れが後、歯肉の状況を詳しく調べます。
全体のレントゲン検査やお口の中の写真撮影も含まれます。 次へ
治療計画とカウンセリング
精密検査の結果をもとに、個々の患者さんについて綿密な治療計画が立てられます。
それにそって、患者さんに治療計画の説明が行われます。 次へ
初期治療
歯周病治療の基本となるもので、歯磨き方の改善、歯石除去などが行われます。
簡単な虫歯の治療や、仮ブリッジ、仮義歯の作成も必要に応じて行われます。 次へ
二次治療
歯周病の進んだ部位のみに行われます。
失われた歯周組織を再生させる、再生療法もこの時期に行われます。
又、インプラントが必要な方には、この時期に行います。 次へ
修復治療
冠をかぶせたり、ブリッジ、義歯が作成されます。(必要な方のみ) 次へ
メンテナンス
せっかくよくなった歯ぐきを長持ちさせるため、3~6ヶ月ごとの定期検診を受けましょう
pagetop

歯周組織再生療法

歯周病治療の目的は病気の進行を止め、健全な状態に歯周組織を回復させることです。
比較的軽度の歯周病であれば、歯や歯の周りを清掃することで治すことが出来ます。
しかし、炎症が歯肉の奥深くまで進行し、歯周組織の破壊がひどい場合には、歯周組織を回復させるための手術が必要となります。
この手術の際に、歯周組織再生誘導材料という手術治療を補助するための材料が使用されることがあります。
現在使用される歯周組織再生誘導材料でもっとも安全で治療効果が高いものがエムドゲインゲルという材料です。
エムドゲインゲルはスウェーデンのビオラ社で開発された材料で、主成分のエナメルマトリックスデリバディブは子供の頃、歯が生えてくる時に重要な働きをするタンパク質です。
現在の科学水準に基づく高い安全性の確保のもと精製され、2004年末現在、世界39カ国75万症例に使用され、副作用の報告は1例もありません。
手術の際に手術部位にエムドゲインゲルを塗布することにより、歯の発生過程に似た環境を再現します。
こうして、初めて歯が生えた時と同じような強固な付着機能をもつ歯周組織の再生を促すのです。

エムドゲイン手術の流れ

エムドゲイン手術の前に
歯周組織の状態を調べるために歯周ポケットの深さを計ったり、レントゲンを撮ったり、その他治療に必要な検査を行います。
エムドゲインを使った治療が行えるかどうかは、歯周病の程度や患者様の健康状態によっても異なります。

歯周外科手術とエムドゲインの塗布
手術は麻酔をかけて行うため、痛みはありません。
まず最初に治療する部分の歯肉を切開し剥離します。
次に歯根表面の清掃を行いエムドゲインゲルを塗布します。
最後に切開した歯肉部分を縫合し、手術は終了です。
手術にかかる時間はおよそ1時間前後で、手術後は帰宅できます。
抜糸は手術日から2週間を目安に行います。

エムドゲイン手術の流れ

エムドゲイン手術症例

当院での症例です。エムドゲイン手術後、メインテナンスを欠かさず通院して頂いている患者様です。

エムドゲイン手術症例

↓

エムドゲイン手術症例

術後10年経過症例
矢印部、骨欠損しているところが骨再生しています。
pagetop

歯周病治療のポイント

歯周病治療を成功させるため、そして治療後のよくなった状態を維持するのに一番大切なことは患者様ご自身のホームケア(歯磨き)です。
どんなに一時的に頑張って治療を受けても、その後のホームケアをおろそかにしているとまた悪くなってしまいます。

それには、自己管理(正しい歯磨き)、高い水準の治療(ハイレベルな技術と治療環境)、メインテナンス(定期健診)が必要となります。

患者様ご自身のホームケア

pagetop

最後に

以下に歯周病の症状を記載します。
1つでも当てはまるようでしたら、是非早めに検査を受けられることをお勧めします。
・起床時、お口の中がネバネバする
・歯磨きをすると出血する
・歯茎がむずがゆい、痛い
・歯茎が腫れている
・かたいものが噛めない
・口臭がする
・歯がぐらぐらする
・歯が長くなったように見える
・歯と歯の間に食べ物がはさまる
・歯石がついている、もしくは1年以上歯科医院で歯のお掃除をしていない

pagetop